電話もインターネットもテレビも光回線を利用しています

光に変更した時の電話の活用方法

電話もインターネットもテレビも光回線を利用しています 最近、インターネットの普及にともなり、回線の工事が多くなってきました。特に通信回線が光になっていない地域の工事が進み、光回線ができる環境が増えてきています。普及に伴い、通信回線について知らないことが多くあります。通信環境についてほとんど知らない人は「光通信は、インターネットだけ」と思っています。光回線はインターネットだけでなく、電話が出来るのです。驚きでした。でも、わざわざ電話を光にする意味があるのかと感じました。特に変わらなければ、今のままでも光でもどっちでもいいような気がします。出来れば、電話代の節約になるほうを選びたいです。

さて、普通の電話と光の電話何が違うのでしょうか。わかりやすくいうと、あんまり使方は変わらないということでした。急に変えても特に支障が出るわけではないそうです。おすすめポイントとしては、電話料金が、安くことです。それと携帯電話に変えたときに料金が安くなるように押す数字は入れなくていいです。いままで、意外と押し忘れて普通電話よりは高額な電話料を支払っていたので、節約にもなります。一つ、困ることがあるとすれば、災害時のときはまったく使えないということです。非常用回線をしている家はほとんどないと思いますが、使う頃ができません。電気、すなわち光の通信回線が回復するまでは電話が使えないことです。通信環境にくわしくない人にわかる簡単な違いだけしか変わらないけど、電話を光する検討材料が出来ました。


Copyright(c) 2022 電話もインターネットもテレビも光回線を利用しています All Rights Reserved.